【株じろう】退職金200万円を元に生活費4000万円を稼ぐ

病気で会社を退職した人が退職金約200万円を株に投資して生活費4000万円を稼ぎ伝説となるまでのブログ。ノンフィクションです。

ソフトバンク株 個人で約10万株購入した たけしさん ついに売却か!損益は!

昨年12月19日ソフトバンク株が東証一部に上場して約2兆6千億円を調達する大型上場IPOで、個人で10万6600株(約1憶6000万円)を購入して、テレビでも報道されて話題を集めていた たけしさん ですが、Twitter上で本日公開された情報によりますと本日2019年1月7日に全て売却されたようです。
果たして、損益はいくらぐらいになりましたでしょうか。

ソフトバンク株売却の公開情報

ソフトバンク株売却の公開情報

公開されたTwitterの上記画像から本日全てのソフトバンク株を1449円で売却された事が分かりました。
上記情報は、Twitter上でオープンになっている情報ですので、そのまま掲載させて頂きました。

手数料を除いて単純計算した金額は、
(1449円 - 1500円) × 106,600株 = - 5,436,600円 でした。( - 3.4% )
約540万円の損失でした。個人としては大きな金額ですが、昨今の上下が激しい相場では、大口の投資家ではこのような金額は日常茶飯事かと思われます。

また上場初日の終値は、1282円と公募価格1500円より14.5%も低い価格(約2300万円の含み損)でしたので、それから10%程上昇して、日経平均が急上昇した本日のタイミングで売ったのは、損失が少なくてよかったかもしれないです。しかも本日の高値は1450円、終値は1419円で、株価チャートをみると絶妙なタイミングで売却されたようです。

インカムゲイン(配当)目的で購入された方は3月以降に配当をもらう事は可能ですが、キャピタルゲイン(売却利益)を狙っている方は、まだ公募価格の1500円に一度も達していないので、今後の9434ソフトバンクの株価の動向も気になるところです。

↓前回のソフトバンク株保有中の記事です。

kabu.opendata-web.site