株じろう退職金200万円投資で生活費稼ぐ

病気で会社を去り退職金200万円を株に投資して生活費4000万円を稼ぎ伝説となれるか。ノンフィクションです。

FX フラッシュクラッシュ ロスカット 大損害 2019年1月3日 ドル円 豪ドル円 急落

フラッシュクラッシュのドル円チャート

フラッシュクラッシュのドル円チャート

年末年始休暇中2019年1月3日(木) 早朝ですが、FXでは米ドル円が数分で3円以上暴落するフラッシュクラッシュが発生していました。
レートは104.819円を底に一旦107円台半ばまで戻し、1月4日(金)には108円台を回復しています。

108円の下に逆指値のストップがたまっているという事から、日本の正月休みで流動性が薄いシドニー時間に狙われて急落したのが真相という事がネットでも報道されています。

このフラッシュクラッシュで、強制ロスカットして、多額の資産を失ったというツイートも多数出ています。

株じろうも昔FXをやっている時、このような事が過去にもあった事を思い出しました。その時は確か日本がゴールデンウィークで長期休暇の時に急に為替が変動して、今回と同じようにロスカットで多額の損失を出している方がいました。

なぜFX(為替証拠金取引)では、このような事が起きてしまうのでしょうか。

為替は、株と異なり相場は大きく変動する事は少ないです。そのためFXでは、保証金を担保にレバレッジをかけて、保有している資金以上の取引をする事が可能となっています。その変わり大きく変動して損失となる方向に為替が変動した時は、含み損で保証金がなくなるので強制的に反対売買(ロスカット)されて、資金の大半がなくなる、ひどい時には、損失が保証金より大きく入金を求められる事になります。

このロスカットが大量に発生すれば、為替が大きく変動するので、資金力のある大口は大儲けする事ができます。
そのため、このような年末年始の正月休み等の長期休暇を狙われてフラッシュクラッシュが発生したと言われています。
FXをされている方は、このような事がある事を注意して取引しましょう。
仮想通貨も同様な事が発生する事があるようです。
また今年のゴールデンウイークは、元号 改元の祝日により休暇の期間も長くなります。

フラッシュクラッシュの対策はどのようにすればいいのでしょうか。

過去にFXで、大きな損失を出している株じろうですので、反面教師として以下のような事をFXでトレードされている方におすすめ致します。

・自分の予想とは反対の方向に相場が動いてもいいように逆指値でのストップ注文を入れておく。
・FX口座には、なくなってもいい資金のみを入金して、必要以上のお金を入金しない。
・休暇中や就寝中の際に急に為替が変動してもいいように、取引できない時は最低限の売買ポジションにする。

以上、FXからは既に退場させられている株じろう からの連絡でした。