株じろう退職金200万円投資で生活費稼ぐ

病気で会社を去り退職金200万円を株に投資して生活費4000万円を稼ぎ伝説となれるか。ノンフィクションです。

2019-02-15(金) 株売るオトコの逆襲

空売り株じろう

空売り機関

空売り機関

空売り機関に大損をさせられている株じろうは、目には目を空売りには空売りを という事で、業績の悪い銘柄を空売りして損を取り戻すという作戦に切り替え中です。

本日、日経平均は下落して-1.13%となりましたが、売りポジションを増やしていた株じろうは今週前半の損失をモブキャストホールディングスと日本通信の売りで取り戻しつつある状況です。

株 売買ポジション

2019年2月15日(金)引け時点の株売買ポジションと損益率は下記画像の通りとなりました。

2019年2月15日(金)引け時点の株売買ポジション

2019年2月15日(金)引け時点の株売買ポジション

■買い
①8892 日本エスコン
②2362 夢真ホールディングス (1000株 株主優待)
③3254 プレサンスコーポレーション (400株 株主優待)
④6815 ユニデンホールディングス
⑤8909 シノケングループ
⑥7185 ヒロセ通商 (100株 株主優待)

■売り
①3664 モブキャストホールディングス
②9424 日本通信
③3668 コロプラ
④2435 シダー
⑤2138 クルーズ

株の売買 内容

日経平均が下落していましたので、ユニデンホールディングスを一部薄利決済して、買いポジションを減らしました。
また日本エスコンを一部損切決済して、モブキャストホールディングスを売り増ししました。

その他のポジションについては、様子見でそのまま保有しています。

ヒロセ通商は1月の月次利益 減少とライオンコインの延期でかなり下落しましたが、一時的な損失の割には下落率が高いので、そのまま保有しています。
ライオンコインによる仮想通貨参入はもう取りやめた方が良材料になりそうな気がします。
株主優待目的で長期に保有している銘柄は会社の業績に注意しておく必要がありますね。

 株の資産評価

2019年2月14日(木)引け時点資産評価

2019年2月14日(木)引け時点資産評価

2019年 2月14日:2,683,009円 前日比 +3.65%
2019年 2月13日:2,588,457円 前日比 -4.79%
2019年 2月12日:2,718,794円 前日比 -9.21%
2019年 2月 8日:2,994,577円 前日比 -1.71%

昨日は前日比 +3.65% 約9万4千円の増加となりました。

今月前半は、決算を予想し先回りして売買し利益率を高める作戦に出ましたが、結果通りにいかない事が多くあり決算後に売買してからの方が確実に利益を取る事ができる感じでした。今後はなるべく決算またぎを控えて決算後の売買で利益を取る方法にしていきたいと考えています。

特に今回は業績悪化後にあまり下がらなかった銘柄を空売りする事の方が利益を出せました。
ただし、空売り時は踏み上げを狙った買い上げが入る場合があるので、貸借倍率などに注意して行う必要があります。

来週は、今後株価が上昇しそうな銘柄を現物で保有、業績が悪い銘柄を空売りする事で資産を増やす作戦でいく予定です。

以上、いつも株じろうのブログをお読み頂きありがとうございます。

kabu.opendata-web.site

kabu.opendata-web.site