株じろう退職金200万円投資で生活費稼ぐ

病気で会社を去り退職金200万円を株に投資して生活費4000万円を稼ぎ伝説となれるか。ノンフィクションです。

2019-02-22(金)資産評価と株の空売り機関をあなどるな

株 取引きの教訓

大口の機関・ヘッジファンドは、多大な資金力で株価を下支えもできますし、空売りで株価の上昇を抑える事もできます。
今週は日経平均が堅調に上昇しましたが、空売り機関をあなどっていた株じろうの資産評価がどうなってしまったのか反面教師として報告致します。

空売り機関をあなどるな!

教訓 空売り機関をあなどるな!

今週の資産評価の推移

月曜日

月曜日の前日比

月曜日の前日比

決算出尽くしから急騰したシノケングループ株を、株じろうは本格的に上昇しはじめたと思って全力で買い増しする。
日経平均が上昇するが空売りしていた株が上昇して評価資産は 約11万円の減少。これは仕方がない。

火曜日

火曜日の前日比

火曜日の前日比

米国の祝日後で株価指数の変動は少ないが、株じろうの資産評価は空売りしていた株が上昇して約5万円の減少。これも仕方がない。

水曜日

水曜日の前日比

水曜日の前日比

シノケン株は寄りで急騰し10分後は急落するが買い増ししてしまう。その後株価は下落し続ける。
株価800円より下落した所で損切りするべきだったが、損切できずに様子を見てしまう。
資産評価は約14万円の減少。これは痛い。

木曜日

木曜日の前日比

木曜日の前日比

シノケン株はさらに下げ続けるが、他のポジションを決済して、まだ損切できず。
資産評価は約10万円の減少。かなり落ち込んでしまう。

金曜日

金曜日の前日比

金曜日の前日比

日経平均は小幅下落で、シノケン株も小幅下落。保証金余力がマイナスとなりシノケンを一部損切。
資産評価は約2万円の減少。日経平均が上昇した週に5日連続の資産減少。かなりのショックで立ち直れない株じろう。

 

株の資産評価

2019年2月22日(金)引け後の資産残高は、下記画像の通りです。

2019年2月19日22日(金)引け時点の資産評価

2019年2月19日22日(金)引け時点の資産評価

2019年 2月22日:2,421,584円 前日比 -0.94%
2019年 2月21日:2,444,642円 前日比 -3.88%
2019年 2月20日:2,543,266円 前日比 -5.34%
2019年 2月19日:2,686,870円 前日比 -1.78%
2019年 2月18日:2,735,604円 前日比 -3.86%
2019年 2月15日:2,845,424円

前日比 -0.94% 約2万3千円の減少となりました。

来週、株じろうは立ち直る事ができるのだろうか。

以上、いつも株じろうのブログをお読み頂きありがとうございます。

前日→2019-02-21(木)資産残高

翌日→2019-02-26(月)資産残高